2013年9月2日月曜日

第1回 海中道路トライアスロンフェス in うるま

8月25日(日)、トライアスロンに初参加してきました。

記録を兼ねてブログに当日の流れを書き残しておきます。





 トライアスロン当日 

5時起床。

現地で着替えるのが面倒だったので、トライスーツを着てその上からハーフパンツとTシャツを着て出発。

朝食はコンビニでおにぎり2個、グリルチキン、ゆでたまごを買って食べる。

飲み物はアクエリアス。



向かっている途中明らかにトライアスロンに参加するであろうロードバイクで大きめのリュックを背負って走る人たちが。

参加する前から疲れることするなぁ。

ん?ってことはトライアスロン終えた後も走って帰るってことか。

すごい元気!



6時半頃選手用駐車場に到着。

自転車で会場まで。





走り始めて3分後、なんとチェーンが外れてしまう!

なんとか直して会場へ到着したけど、レース本番での不安が残る...



初参加なので勝手がわからず会場内をウロウロ。

そんな中歩道橋を通っている途中にキレイな虹が!





本当に綺麗に架かってて感動でした!


ロードバイク置き場で準備してると『左だけ陥没さん』と初対面。

この方がTwitterで誘ってくれたのでトライアスロンに出ることになったんです(笑)

お互い初参加、頑張りましょう!ということで握手。




なんとかこのFINISHへ戻ってきたいなぁーと思いながらスイム会場へ。






スタートまで少し時間があり、朝9時前とはいえ暑かったので海に入って涼む。


この時参加者を見てみるとスイムキャップやウエットスーツを着ている人が結構いる。

自分はそんなの無くても大丈夫!とこの時は思っていました....



 スイム 


いよいよスタートというとき。

アナウンスで「泳ぎに自信の無い方は後ろへ並んでください」と。

前列に並んでいたけどちょっと怖くなって中盤に並んでからスタート。



スタート直後!一気にパニック!

クロールで泳いだけど周りの人たちとぶつかりまくり。

まともに息継ぎも出来ずに思わず止まる。

すると後ろからどんどんぶつかってくるし乗っかってくる。

さすがに溺れるのではないかと恐怖を感じてコース外側へ避難。

ウェットスーツが欲しい....そう思った。


とりあえず前方をちゃんと確認できる平泳ぎで泳ぐ。

スイムはバトルと聞いていたけどこんなにも恐ろしいとは...


ある程度落ち着いてきたらクロールに切り替えて泳ぐけど、しばらくすると誰かのバタ足に突っ込んで蹴られてストップ。

そしてまた前方を確認しながら平泳ぎ。


泳ぎながら後悔したこと。スイムキャップを用意しておけばよかった。

前方を確認しようとしたら前髪がゴーグルに掛かって前方が見えづらい。

まぁ短髪にすれば済むことなんですが(笑)


平泳ぎ7割、クロール3割の割合でなんとかスイム終了。


トランジッションへ移動するも順路を間違って戻される(笑)

長時間泳いでいるのでふやけた足でゴツゴツの道路を走ると足の裏が痛いのなんの。


トランジッションに到着して準備してると左だけ陥没さんと遭遇。

お互いスイムに大苦戦。

結構海で練習したのにそれよりもかなり遅いタイムになってしまいました。


スイムのタイム:53分3秒



 バイク 


スイムを終えてさあバイク!

でも気持ちは「泳ぎ終わってこんな疲れてるのにここからバイク40kmは辛い...」でした(笑)

スタートして直ぐに脚に疲労感。

平泳ぎで結構脚を使ったのが悪かった。



友だちから借りたバイクにエアロバーを付けてもらったんだけど結局怖くて使えない。

フラフラとするのでコケる可能性大なんです。


序盤はあまりにも遅い速度でどんどん抜かれる。


10kmほど走ったところでかなりバテてくる。

1本目のドリンクを飲み干してリュックに入れていた2本目を飲み始める。

2本目のドリンクは置き場所が無く、仕方なくリュックを背負って中に入れていたんです。

これがまた取り出しにくい。


25km地点のところだったか、チャックが開いたままだったリュックからドリンクを落としてしまうミス!

ゆっくりとバイクを停めて他のバイクを避けながら落としたドリンクを取りに行く。

中身がこぼれてしまって殆ど無い....


急いでバイクに戻って走りだすも徐々に燃料切れ。

太ももがキツイ。

ずっと上体を支えていた両手が痺れ出す。


どうにか40kmを走り終えてヨロヨロしながらトランジッションへ。


バイクはあまり練習できなかった割には早かった。


バイクのタイム:1時間35分9秒


 ラン 


トランジッションから出て最後のラン。

ちょうどロードバイクを貸してくれた友人が応援してくれてました。

さあ走るぞーとおもったらただでさえバイクで燃料切れしてたのに最初の給水をスルーしてしまう。



次の給水地点まで足が重い。

結局ヨタヨタと歩きながら進む。

スイムのときからカンカン照りの状態。

太陽光がどんどん体力を削っていく中、

「こりゃ無理だわ。熱中症で倒れる。いつリタイアしよう...」

そんなことばかり考えて歩く歩く。



ようやく辿り着いた次の給水地点。

砂漠の中でオアシスを見つけた気分!

しかもヌルい水じゃなくて氷水!

とにかく氷水を全身にかぶりまくり!飲みまくり!

一気にやる気回復!


その後給水地点に着くたび同じように氷水をかぶりまくる。





しかし途中何度か左太ももがつってしまい走れない状態に。

またリタイアを覚悟するもなんとか走れる状態に回復。


偶然にも教え子に会って声援を受けて元気を貰う。


ラスト5km地点のところで制限時間に間に合いそうと気付く。(まさか時間内完走出来るとは思ってなかった)


嬉しくなって走る走る。


余裕が出てきて海の風景に目が行く。




なんてキレイな風景なんだ!




そしてゴール直前に偶然にも親戚の叔父さんがボランティアでスタッフやってて声をかけてもらう(笑)


前半は苦しみながらも後半は氷水で回復しながら良いペースで走れた。

タイムも予想より15分ほど早かった。



ランのタイムは1時間14分29秒



 完走 


完走タイムは3時間42分41秒


ボランティアの中学生が冷水をかけてくれてホッと一息。


ゴール後永山さんと玉寄さんが来てくれていたことに気付く。

完走後だったけどスペシャルドリンクを頂いて元気がでた~!




カレー食べながらしばらく休んでバイクで駐車場まで帰る。


海中道路は片側通行で渋滞。


時間を掛けて帰宅。

靴下を脱いで足の裏を確認したらかなりのひび割れが....痛い!

水をかぶりすぎて靴が濡れっぱなしの状態で走っていたからか。



今回トライアスロンに初参加して本当にキツイ競技だなぁーと痛感しました。

各種目が終わるたびに「こんなに疲れたのにまだあるの?嫌だ休みたい!」と思ってばかり(笑)

さらに一切曇ることもなくカンカン照りの太陽の下、バイクとランは本当にキツかった。

給水地点に氷水が無かったら確実に熱中症でリタイアしていただろうと。


終わった直後はこんな辛いレースもう参加は無理と思ったけど、今ではまた来年も出てみたいなぁーと(笑)

更にはもう少し距離のある大会にも出れたら....とか思ったり(笑)


とりあえず今の体力では絶対無理なので、まずはフルマラソンを完走できる体力を身に付けて行きたいと思ってます。


次は尚巴志ハーフ、そしてNAHAマラソン。




ダイエット頑張らなきゃ...