2011年6月30日木曜日

スーパージャンプ

遊びでスーパージャンプする動画作ってみました。


撮影はiPhone4。

背景は写真で撮影して、3DCGでカメラマップ、アニメーションまで。

人物はAEでマスク作成して合成。

AEでの作業中に「わざわざ3DCGで背景作らなくても良かった」と気付きました。

あー難儀した。



あと撮影の段階で結構適当だったので合成処理に苦戦しました。

三脚が風で揺れてたり、マスク抜きしづらい背景で撮影したり。

遊びでの作成でしたが、勉強になることが結構ありましたね。

失敗だらけだったので、また次やるときは更に効率よく綺麗に!



グリーンバックスクリーン買って本格的な合成してみようかなぁ~

今は安いのもあるみたいだし。





ちなみに撮影は三脚使って一人で撮影。

自宅前です。

2011年6月23日木曜日

スカルプトでクリーチャー制作日記5 完成

Sculptrisを初めて使ってやっと作品が仕上がりました。


トロールさんです。






やっぱり緑色になっちゃいましたw
あとバンプがちょっと強かったかな?

Sculptrisでモデリング、バンプマップ作成、テクスチャ作成しました。

その後OBJ形式で書きだして3dsmaxにインポート。
ポリゴン数は37万くらいでそのまま。

マテリアルを調整してライティング、レンダリング。

レンダリングは拡散反射光、鏡面反射光、シャドウ、Z深度、ライトを要素別に書き出してPhotoshopにてコンポジット。

ここまで手間かけて仕上げたのは初めてですね~
本当はここまでやらなきゃいけないんですけど(^_^;)

今後はこの手順で3D静止画制作していきたいと思います。
やっぱりクオリティーが違いますからね。


いずれセットアップまでやってアニメーションも出来るようにしようかと。

動き出すのはまた今度ということで。



これにてスカルプトでクリーチャー制作は終了です。


次は建築パースCGでもやってみようかぁー。

2011年6月22日水曜日

スカルプトでクリーチャー制作日記4

この時点でモデリング終了したはずなのに何度も手直ししています。





アゴと目の周り、それから眼球を入れてPhotoshopで合成したのがこれ。




これでいいかなぁ~と思ってジーっと眺めてたらあごのラインが気に入らずに修正。



さらにアゴ周りを修正してこれで終わりっ!って所まで来たのがこれ。



ここまでイケメンに出来ればもう十分でしょうw

クリーチャーの成長記録みたいになってきましたが・・。



そういうわけでやっと質感の描きこみに入れると思います。


多分!

2011年6月21日火曜日

スカルプトでクリーチャー制作日記3

スカルプトは終了!かな?たぶん。









今回は脚の作り込みと顔の調整、乳首作成、細部調整などなど。

まだまだ作り込みたところや調整したいところがありますが、例によって何時まで経っても完成しなくなるので切りが良いところで完成!ということにします。

あとはバンプマップの描きこみと色付けです。

シワや肌の質感を描き込むのでブラシ素材が必要になってきます。
探さないと~


sculptrisでどこまで彩色できるかまだ良くわかってませんが塗り塗りしてみたいと思います。



クリーチャーってことで作っていますが、「トロール」ということにしておきましょう。


チマチマ作るので完成まであと1週間ってところかな。

2011年6月18日土曜日

チェーンソー

初めてチェーンソー使いました。


と言っても振り回して遊んだわけではなく、この間の台風で庭の木が2本ダメになっちゃったので、それを解体するためにですよ。


ウチの爺さんが借りてきたチェーンソー。


少し小さめです。
初めてなんでこれくらいで。


しかしチェーンソーを見るとアレを思い出しますよね。

テキサス・チェーンソー?

いや、違いますよ。

ほら輝彩滑刀ですよ。

カーズ様の。



きっとスパァッっと切れるんだろうなぁーと思って使ってみると、、、あれ?

松の木切るのにかなり苦戦。





やっぱり小さいから?
太いところはかなり時間かかっちゃいました。

しかもマツヤニが飛んできて体にくっついてベタベタするわキッツい臭いするわで大変。


で、もう一本倒れた椰子の木を解体。
これは簡単だった。


思ったより握力使って疲れました。

暑かったし!


でも楽しかった。



終わり。

2011年6月12日日曜日

スカルプトでクリーチャー制作日記2

前回は手のモデリングで止まってしまいましたが、なんとか仕上げてみました。


指を作るのが面倒だったので4本に減らしちゃった。
まぁクリーチャーだから指は少なくてもOKということで。



それから顔もちょっとだけ修正。
眼球も付け加えました。


まだまだ修正が必要ですね。


次は脚の作り込みになりますが、来週はちょっと忙しいので手をつけられるか分かりません。

もちろん仕上げまで頑張りますよ。

できればテクスチャまで。

さらに出来ればセットアップとポージングまで。

2011年6月11日土曜日

スカルプトでクリーチャー制作日記1

カーモデリングが終わって今度はスカルプトでクリーチャーでも作ってみようかと。


ちょっと前に初めてスカルプト作品をつくりました。


こいつを作りこんでみようかと。



で、体まで作ってみたのがこれ。




ダルマみたいなデブっちょマッチョなクリーチャーになっちゃいました。



使用しているソフトはSculptrisというフリーソフト。

操作にはある程度慣れてきてここまで出来るようになりましたが、手足などの細かい部分は作り込むのが難しいですね。

まだ使い始めでよくわからないのですが、レイヤー機能みたいなものがあれば便利なんだけど・・・無いのかな?


他の方のスカルプト方法を調べてみると一度別のソフトでラフモデリング(ローポリゴンである程度の形を作る)をやって、そのあと細部をスカルプトしていくという手法が効率よさげです。


まだ制作中なので今後も細部を作り込んでいく予定です。



スカルプトやってて思ったのが、絵を描くことと本当に似てる。

なのでしっかりとしたデッサン力が無いと上手く出来ないなーと感じました。

モデリングに関してはこういったソフトがフリーで出始めてきているので、かなり敷居が低くなってきてますね。

ぜひ絵描きさんたちも3DCGでの作品作りに挑戦してもらいたいです。



自分もガンバロ。

2011年6月10日金曜日

もしもモンスターと戦うとしたら役立ちそうな武器TOP10

たまにはどうでもいいようなブログを。


子供の頃ドラクエやFFのようなゲームをやってて、『もし目の前にモンスターが現れたらどうやって戦うのか?』などと誰しも妄想したことがあるはずだ。

もちろん自分もそのような妄想をしていた。

そこで実際に自分の家にあるものでモンスターと戦えそうな武器をTOP10形式で紹介する。

このランキングは『実際に自分が使って戦う』こと、『家に置いてあるもの』を前提としている。

なので完全に個人的に偏ったランキングということを踏まえて御覧いただきたい。




10位 角材


ドラクエなどで最初に使っているひのきの棒的なものだろう。
軽くて扱いやすい、程よい長さ、角張ってるので当たると痛い。
しかし持ちづらいので殴るたび掌にダメージ。
スライムとかいじめるにはもってこい。




9位 ハンマー


至近距離でしか使えないが、硬いモンスターには有効。
小さく軽いので連打出来る。
これではまだ雑魚しか倒せない。




8位 ナタ


ハンマーと同じく至近距離でしか使えないが殺傷力がある。
小さくて軽いのでスピードで勝負。
もちろん小型モンスターくらいしか相手しか出来ない。




7位 包丁


かなりの殺傷力がある。
頑張れば中型のモンスターまで相手できそうだが、耐久力が心配。
もちろん至近距離でしか使えないのでモンスターからダメージを受けずに戦うのは難しいだろう。





6位 木刀


ある程度距離を置きながら戦える。
非常に扱いやすく機動性があり、素早いモンスターにも有効。
しかし威力が弱く耐久度も低い。
モンスターからダメージを受けずに倒すタイプの武器。




5位 ドライバー


距離を置いてモンスターと戦える。
遠心力により与える打撃力はかなり期待できる。
しかしながら耐久度に不安が残る。
このあたりの武器から自分より巨大な動物系モンスターともなんとか戦えそう。




4位 クワ


重さ、殺傷力、攻撃範囲ともに申し分ない。
一撃必殺タイプの武器。
自分の二倍以上のモンスターとなんとか戦える。
しかし一撃で倒せなかった場合、武器がモンスターに刺さりっぱなしでヤバイことに。





3位 コンクリート入り鉄パイプ


普通の鉄パイプにコンクリートを入れて重量を増した武器。
祖父が作ったオリジナルの武器である。
今回紹介する武器の中で最も攻撃範囲が広い。
振り回して打撃を与えるのが主な攻撃方法。
かなりの重さなので使う方も大変だがヒットすればかなりのダメージを与えられる。
もちろん突きでもかなりのダメージを与えられる。




2位 大ハンマー


中距離型の武器の中では破壊力最強。
この大ハンマーでいくつものブロックを粉砕してきた。
先端のハンマー部分の強度・重さは申し分ない。
そのハンマーを遠心力により振り下ろしたときの破壊力は大型モンスターを一撃で仕留める可能性を秘めている。
体力があれば連続攻撃も可能。
中ボス戦で使いたい。




1位 テコバール


我が家にある武器の中で中ボス以上のモンスターに致命傷を与えられるであろう唯一の武器。
攻撃方法は一点集中で突く。
攻撃範囲、殺傷能力、貫通力、強度、全てにおいて最強。
1m50cmの長さで十分な重量、尖った先端が巨大なモンスターに大ダメージを与える。
過去には開けられなくなった金庫を一撃で貫通した実績もある。
扱うにはかなりのパワーが必要なので、装備できる人を選ぶ武器である。



以上、我が家にあるモンスターと戦える武器TOP10でした。


みなさんの家にもモンスターと戦えそうな武器があれば教えていただきたい。

2011年6月9日木曜日

SILVIA S13 制作日記3 完成

ついに完成しました。

5年ほど前に中途半端にモデリングして放置したままだったのでやっと完成って感じです。




車内は完全に手抜きモデリングでしたけど、シルエットが出せれば良いかなと。

細部を見てみるとまだまだ納得行かないところもありますがこれで一応完成です。



大学の頃に免許を取って初めて運転した車だったので結構思い入れあります。
そんな愛車も弟に貸して事故って廃車という最期でしたが・・・。
弟は無事でしたよ。



カーモデリングって結構時間かかりますが完成に近づくに連れて楽しくなりますね~

この調子で歴代の愛車をモデリングするのもいいかなぁーと。

次はトヨタのカレン、そして今乗っているスズキのエリオも!

2011年6月6日月曜日

SILVIA S13 制作日記2

空いた時間にチマチマと制作中のシルビア。

細かい資料を見ながら作成と修正を繰り返しながらなんとかここまで出来ました。





まだまだ気になるところがあるんですが、何時まで経っても終わらない気がしてきたので、とりあえず今回のカーモデリングはこれにて終了とします!

本当は内装までやりたいんですけどね~


あとは質感とテクスチャ。

仕上げまでもうちょっと。



カーモデリングやってて思ったことは、曲線をいかにキレイに出すかが非常に難しいってところですかね。

最初はスプラインで大まかな形を整えて、その後ポリゴンモデリングって流れで作ってるんですけど、細かいところを編集していると曲線が乱れて大変。

もっと効率のよい計画的な作り方を模索しないといけないですな。


シルビア終わったら今度は別の車もつくってみようかと。

カーモデリング結構楽しいです♪