2011年4月4日月曜日

沖展

沖展に行ってきました。
今回で3回連続かな?

毎回そうですけど沖展に行くとやる気出る。
沖縄にもこんなに表現者がいるんだなーと。

3回連続見に行ってると徐々に作者の作風を覚えてて

あっ、今年はこんな作品つくってるんだ!

ってな感じで気付く楽しみがある。


入り口から入って最初の絵画ゾーン。

う~ん、やっぱり抽象画はさっぱりわからん。
色合いが面白いなーくらい。

中盤くらいからは自分でも分かりやすい絵画が出てくる。
普通に上手い人とか。
やっぱりデカい絵は迫力がある。


この日はちょうど彫刻の作者の解説があった。
解説があると作者の思い入れなどが聞けてさらに楽しめる。

作者に促されて彫刻を持たされる機会があり
1m位の人物像だったけど指に乗せて持てるくらいの重さだった。
持った瞬間「おおぅ~!」とビックリ。
ファイバーとかいう素材を使っているらしい。

他にもかなりクセの強い方がいて芸術について熱く語っておられました。
いろんな人がいて面白い。

しかし彫刻はいいね~
お手軽に作れるなら自分もやってみたいと思う。
毎回沖展に行くたびに思うんだけどね。



他にも陶芸やガラス製品、書道など見て回る。
気に入ったのが上を向いているシーサー
これは可愛かった。
売ってたら欲しいと思うくらい。


で、奥の方へ行くと写真やグラフィックデザインが。

グラフィックデザインではやっぱり知人の作品が幾つかありました。
知っている人がこうやって作品を大きな場所で発表していると非常に羨ましく思います。


モノを作るっていいですね。

今回の展示会でも作者の思いが伝わってくるような作品がたくさんありました。
自分もそういう作品作りをもっともっとやっていかないとなぁーと感じましたよハイ。



気になることが一つ。
会場で見かけたマッチョな方はあの人なのだろうか・・・
あまりの変貌ぶりに別人かと思って声を掛けられなかったです。
まさに人間彫刻でしたw